スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・おっさんのスキャルピング手法

前回はあまりにも内容のない記事を書いてしまった。今回こそは真面目に書く。


前回の記事ではおっさんのスキャルピング手法は、

・まだ進化途中の手法である
・逆張りの手法
・ある程度の値幅を狙う
・動きのない相場でなく動きの激しい相場で使う


というところまで書いた。


今日は余計なことは書かずに早速続きを書いていこう。




おっさんのスキャは基本逆張りなので、ビヨーンと上方向に伸びたときに売りで入るか、
または、ドカーンと下方向に下がったときに買いで入る。


この4月からその逆張りスキャを適当に何度も何度も繰り返してるうちに、
あるとき、明らかに勝率が高いタイミングがあることに気付いた。

そのとき以来、さらに何度もトレードを重ねてデータを取り、
間違いなく優位性があると確信したときに生まれたのがこの手法である。


その勝率が高いタイミングというのは3つある。


まずは、前回ひどすぎる図を書いてしまってショックだったので、
リベンジの気持ちを込めて、渾身のチャート図を見て頂こう。

デイトレ手法の図を買いのトレードで統一したから、
スキャ手法は売りでいく。

オレンジの丸で売り。赤い線の部分を積極的に狙う。




1、V字(逆V字)パターン
スキャ3


2、ダブル(トリプル)ゼロパターン
スキャ4


3、直近高値(安値)パターン
スキャ5


この美しい3つの図を見て頂ければ狙いどころは一目瞭然だと思うが、
念のため説明しておくと、


1、チャート上で鋭い角度と縦幅のあるV字(逆V字)が形成される瞬間に逆張りでイン。

2、勢いよくダブルゼロ(トリプルゼロ)に到達する瞬間を狙って逆張りでイン。

3、勢いよく直近高値(安値)に到達する瞬間を狙って逆張りでイン。

ということだ。


この単純明快な手法こそがおっさんの必殺のスキャルピング手法である。



この際、最も重要なのが太字で書いた部分だ。


V字については実際の理想的なチャートを用意してあるからあとで例を見て貰おう。

ダブルゼロや直近高値については、到達するときの上昇の勢いが非常に重要。
チンタラチンタラ到達したときに逆張りしてもほぼ優位性はない。


どうしようかな、ここら辺の縦横の幅やスピード感を捉えることこそがこの手法の肝となるんだけど、
まあど素人のおっさんの手法なんてみんな、ふ~んって見て終わりだよね。

他にも指標の有無、時間など、色々細かく、こういう場合は入る、こういうときは入らない、
とかあるんだけど、まあ面倒だし今回は割愛しようかな。

居ないだろうけど、もし細かく書いて欲しいっていうリクエストがあれば言って下さいね。
そのときの感覚で決めたりすることもあるから難しいんだけど書けたら書いてみます。




8月の終わり頃にこの手法が生まれ、相当な手応えを感じた為、
以来、今までずっと練習しているのだが、実は未だにこの手法を自分のものに出来ていない。

図で一発で表せることからもわかる通り、至って単純な手法なのだが、
これが中々どうして使いこなすのが難しいのだ。


おっさんは、この手法を使う為に必要な能力は以下の通りと考えている。

・長時間の集中力の維持
・一瞬の判断力
・人並みの反射神経
・逆境に立ち向かう勇気
・誤差を許せる心の広さ



ひとつずつじっくり説明していきたいところだけど、また恐ろしく長い記事になりそうだからやめておく。


上記の能力、おっさんが苦手なものばかりである。
だが、繰り返し練習することによってある程度身に付くものだとは思っている。


ここら辺の事はずっと前から書きたいと思っている事だから、
今度、FX分業制についての記事かおっさんの弱点の記事を書くときにでもまた書こうかな。

たぶん忘れるけど。




では、話を先に進めよう。

肝心の損切りや利確のルールだが、損切りは至って簡単。
基本的に-10pipsで固定。


だが、基本、売りで入る場合は勢いよく上昇してくるところに対しての売り。
思惑通りにいかず一瞬でさらに上に突き抜けていくってパターンもけっこうある。

時間にしてほんの数秒から数十秒程度で損切りとなるパターンだ。
(これがこの手法をスキャ手法とおっさんが呼ぶ所以。)


この損切りは確実に出来るようにならなければいけない。
何故なら突き抜けられたらあとはどこまでいくかわからないから。

ただ、それさえ出来るようになればほぼ負けることはない(はず)。


まだデータをまとめていないから体感で申し訳ないんだけど、
仮に利益も+10pipsで固定とすると、恐らく勝率7~8割は余裕であると思う。

あくまでもおっさんの感覚でこの手法を繰り出した場合ね。



で、その利確の際の値幅に関して。実はこれが現在も進化途中の部分だ。
まあ進化とかいって格好つけたけど迷っているだけね。


我慢してチャンスを待って待って、ここだ!!って場面で必殺技を繰り出して+10pips。

たった10pips。

いや、まあこれが100万通貨とかでドカンと張れるならいいと思うんだけど、
(まだ)そんな勇気もないし、資金もない。

これだとどうもモチベーションが上がらない。
どんなヒーローでもテンションが上がらないと必殺技って出せないよね。(←は?)


そこで思いついたのが、半分は10pipsで利確して半分は放置して適当に利確する作戦。
これなら半分の分の利益で勝率をキープしつつ、うまくいけばかなりの値幅が狙える。


そうして、おっさんのスキャ手法が完成したわけだが、この変なルールにしてしまったせいで、
今も中々思うような利確が出来ていないという状態が続いている。



ちょっと図を使ってV字型で例を出そう。



図3
スキャ6

図4
スキャ7


上記の図は同じような値幅のV字型なのだが、売りで入った場合に、
利確を粘ったほうがいいパターンはどちらかおわかりだろうか。


このおっさんブログを見て頂いている聡明な読者の方々なら一瞬でわかると思う。


っていうか、点線で答え書いてある。


そう、これは圧倒的に後者の図4。



最近思うのは、この手法に限らずFXで勝つ為に必要なのは、
こういった相場環境をしっかりと認識する能力だということ。


これこれこういう相場のときは欲張らずに一瞬で利確。
これこれこういう相場のときは粘って粘って利確。

など、状況に応じて臨機応変に対応できるのが最強であり理想である。


だが、その理想を追い求めるあまり、現状はヘタクソすぎるトレードが続くという状況に。


なにせ、おっさんが狙うポイントはスピード感が命。
考える時間は一瞬である。

相場はおっさんが考えている間、待っていてなどくれない。

「う~ん、今日はレンジ相場っぽいよなぁ、たぶんこっから下方向だよなぁ、
とりあえず入ってみて半分10pipsで利確して半分は粘る感じでいいかなぁ、う~ん、う~ん。」

などと、考えている間にチャンスは過ぎ去っていくし、仮にチャンスを捉えたとしても、
早い動きにパニクって、どうしようどうしよう、よし、とりあえずわかんないから逃げよう、
と、早すぎる利確をしてしまったり。。


恐らく、今はこのスキャのスピード感に考える力が追いついていない。
また、初心者丸出しの慌てっぷりで、ドッシリ構える度胸が足りていない。


自分を客観的に見たときに、明らかにもう少し経験が必要なのかなと感じる。




う~ん、どうしようかな、だいぶ長くなってきたな。
もう少し環境認識の部分について詳しく書きたかったんだけどやめておくか。


目も痛くなってきたし、いい加減まとめよう。



・・・それでは長くなったが、最後にこの手法の限りない可能性を皆様にも感じて頂くため、
この手法が生まれたときの実際のチャートをご覧頂いて締めようと思う。



8月の終わりにこの記事 → おっさん仕上がる
にてドル/円のチャートを載せたが、今回は同じ時期のポンド/円のチャートを載せる。



10分足チャート。
スキャチャート1

皆様、おっさんの狙うポイントがどこかおわかりになるだろうか。

少し画像が遠いが、これは、少し前に高値トライに失敗し下落。しばらく揉んでまた下落。
さらに揉んで下落した後にV字型が出現というチャート。

非常にきれいで完璧すぎるV字型チャート。




右端の部分をアップにするとこう。

スキャチャート1-2


ちょうど100pipsという縦幅、鋭角を形成しコンパクトに収まった横幅、勢い、右肩下がりの相場環境。

どれをとっても完璧。
今振り返ると、これ以上ないチャートといえる。


だが、このときのおっさんはまだこの手法に対して半信半疑であった為、このビッグチャンスを逃した。
あと少し上がって194.40まで来ればさらに勝率高そうだなぁなどと思って躊躇してしまった。


今ならここまできれいなチャートなら半分を早めに入る分割エントリーや、
全部早めに入って、もし194.40まで来たときにナンピン気味にさらに枚数を重ねるなど、
色々やりようはあるのだが、それについて書き出すとまた長くなるから割愛。


タラレバになってしまって不甲斐ないんだけど、もしうまく入れていたとしたら、
現状の基本ルールでは、入った直後の下落で半分を利確。目安10pips。残りの半分を放置。

(放置して上に突き抜けられたら-10pipsで損切り。または勢い(にビビって)を見て同値撤退もあり。)







それでは、その後放置プレイされたポジションがどうなっていたかというと、、、











スキャチャート2



こうなって、









スキャチャート3



こうなった。







おっさんのスキャルピング手法が形になったと感じたのはこの瞬間だ。


もちろん、頭からしっぽまで全部取れていたとは思わない。
だが、相当な値幅が取れていたのは間違いないだろう。




損切りを超速で、利確を粘る。

普段のトレードを耐えて耐えて、月に一度、いや年に一度でも構わない。


そのビッグチャンス時に大きなポジションを持つことが出来ていたら・・・。





おっさんの壮大な夢への挑戦はまだまだ続く・・・。









最後!格好つけんな!!って方はどっちかポチっとお願いします。

↓↓↓

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

 

おっさんのスキャルピング手法

皆様、前回の記事にもたくさんの拍手ありがとうございます!
もしかしたら最高記録かも!

また、ブログランキングのボタンもたくさんの方に押して頂いたようで、
おかげ様で初めて20位台にランクインすることができました。

目の痛みのせいで若干落ち気味だったブログへのモチベーションも大幅アップ!
今日は気合い入れて記事書こうと思います。



さて、どうしようかな、何を書こうか。
相変わらず書きたいことが多すぎて何から書けばいいかわからんな。


う~ん、やっぱとりあえずスキャ手法のことかな。

でも今一番書きたいのはアフィリエイトのことなんだよなぁ。

けっこう前におっさんの自己アフィリエイトが全て終わったんだけど、
そのことについてのまとめ(完全版)をまだ書けていない。

4月から色々と気を遣いつつ、使っているアフィリエイトサイトを伏せたりしながらの
記事更新だったからストレスを感じていたんだけど、ようやく解放された。

そのストレスを早く発散せねばならない。


「いやいや、おっさん、もう自己アフィリエイトだのポイントサイトだのの話は飽きたよ!」
って言われちゃいそうだけど、ダメ。まだ書き足りない。


ただ、スキャ手法は8月の終わり頃からずっと近いうちに書くって言い続けて未だに書いてないしな。
やっぱこっちが先かなぁ・・・。




・・・よし。

今日はスキャ手法。また次回アフィリエイトってことにしよう。



てなわけで、今日はだいぶ前から書こう書こうと思っていた、
おっさんのスキャルピング手法についての記事を書いていきたい。


以前の記事で、かなりの手応えを感じているとか、これを極めれば億万長者になれるかも!とか、
大きな事を言ったし、どういう手法なのか気になっていた方もいらっしゃると思う。

中には正座して待ってくれていた方もいたような・・・。

遅くなってほんとすみません。
もしまだ待ってくれていたとしたら、足が痺れすぎてやばいですよね。


お詫びに今回はおっさんの華麗なる手書きチャート図を駆使しながら、
頑張ってわかりやすいように記事を書くので許して下さい。



読者「・・・」



ただ、先に一つ言っておきたい。、
以前、おっさんのスキャ手法が完成した!なんて書いた気がするが、あれは嘘だった。(←え?)


というのも、この手法は現在もなお進化を遂げている最中なのだ。

そもそも真面目にFXに取り組み始めてまだ半年やそこらのおっさんの手法が、
完成されたものであるわけがない。(←お前が完成したって言ったんだろーが!)


つまり、今回書くのはまだ発展途上の手法ということになる。


なので今日は細かい部分を書いていくというよりは、
考え方というか、どんな感じでやってるか、っていうのをメインに書いていきたいと思う。


それでは早速書いていこう。






初めに宣言しておきたいのは、おっさんのスキャルピングは基本的に逆張りだということだ。
根っからの捻くれ者であるおっさんは素直に順張りするという行為は得意ではない。


少し前にデイトレ&スイングの手法をまとめたが、
そのほとんどはトレンドと同じ方向に順張りするという手法。
それらの手法を使うときにはかなりの苦痛を伴う。

だが、相場の基本は順張り。順張りを制するものが相場を制するはずだ。


いや、相場はそもそも制するものじゃないな。
制するなんて言ってる時点で間違って・・・

・・・って、話が逸れていきそうだからやめよう。



とにかく、デイ&スイングの手法は、苦痛ながらもルール通りやれば勝てそうな気はしてるから、
しっかりデータを集めて、本当に勝てるのかどうかを確かめるために現在研究中。

きっと将来大勝負をする際の心強い武器となってくれると信じている。



・・・



・・・




・・・で、なんだっけ、ああ、そうそう、スキャルピングだ。
これは逆張りがメイン。



・・・



・・・




・・・ん~と、


なんか今日調子悪いな。記事のテンポが悪い。(←いつもだよ!)





・・・ああ、そうか、図だ!
手法の記事なのにいつもの図がないからイマイチ調子出ないんだな。

まず図を載せよう。そうしよう。




図1
スキャ1


図2
スキャ2


うわ・・・何これ・・・。マジでひどいな・・・。


まあいいや、仕方ない・・・。





スキャルピングっていうと1分足とかを見て2~3pipsくらいを数秒から数分単位で狙っていく!
ってイメージだと思うんだけど、みんなはどうなんだろうか。

おっさんのイメージとしては図1のような相場でコツコツやるっていう感じ。



だが、おっさんはそんな2~3pipsくらいをずっとコツコツ取っても、
一回の急な動きでドカンとやられるって恐れがあるトレードはやりたくない。

向いてなさそうな気がするし、何より疲れそう。


もし色んなスタイルを試してみて、そのどれもが自分には合っていない、勝てない、ってなったら
もしかしたらやってみるかもしれないけど、できれば避けたいところ。


おっさんが現在使っているスキャルピング手法はもう少し値幅を取っていくスタイル。
図2のような相場でよく使う。




・・・あ、っていうか、そもそもまずスキャルピングって超短期売買ってことでいいんだよね?

タイミングを計ってパっと買ってパッと売る!みたいな。
合ってる?


お前のそのトレードはスキャルピングじゃねーよ!とか、みんな言わないでね。
もし間違ってても冷めた目で見つつスルーして頂ければ幸いです。

それか誰か優しい人がさりげなく教えて下さい。
あくまでもさりげなーくね。

自分で言うのもなんだけど、このおっさん、ガラスのハートの持ち主だからね。





・・・はい、で、なんだっけ。

えっと、、図2のような相場環境でよく使う手法ってことだったね。






・・・う~ん、なんか今日はダメだな。
気持ちがフワフワしちゃって余計なこと書き過ぎ。


気合いが空回りしてる感が半端ない。




このままだとどんどん記事長くなってとんでもないことになりそうだから、
申し訳ないけどちょっと記事分けようかな。



いや、あれだよ、あまりにも図が酷過ぎてやる気をなくしたとかそういうことじゃないよ?
いらないこと書き過ぎて記事が長くなりすぎたってだけだからね。


ちょっと次回はもう少し落ち着いて記事を書こう。



次こそは無駄なこと書かずに、

・スキャ手法3つのパターン
・必要な能力とは?
・損切り&利確ルール
・一番大事なのは環境認識?
・最高のチャート図



これらの項目を中心に真面目な記事を書きます!




(・・・たぶん・・・。)






さっさと書けや!!って方はどっちかポチっとお願いします。

↓↓↓

    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

 

おっさんの決断

どうも。一週間ぶりのパートのおっさんです。


わっ!なんか前回の記事の拍手の数がすごい!
なんで!?

みんながおっさんの言い訳に共感してくれたって解釈でいいのかな?(←たぶん違うw)


皆様いつもいつもありがとうございます。

記事に対して何かしらの反応を頂けるっていうだけでも非常に嬉しいです。
ブログへのモチベーションアップに繋がります。




さて、ここ最近、おっさんブログの方向性について悩んでいたのだが、
ようやく結論を出すときが来た。


いつものように、あーだこーだ、ダラダラと長い文章を書く前に先に結論から言うと、

今後は、毎日の日記形式を諦め不定期更新とすることを決意した。



これはおっさんにとって苦渋の決断。

一時期、ブログ閉鎖すらも視野に入れていたことを考えると、
それに比べればだいぶ気持ち的に楽な決断となるが、やはり残念な気持ちが強い。


だが、現状やるべきこと、即ち億万長者を目指す為にはどのような行動が必要かをじっくり考えた結果、
今回の結論を出すこととなった。


細かいことを書きだすと恐ろしく長い記事になりそうだから、なるべく短くまとまるよう箇条書きにして、
現状の、FXに対してのブログのメリットとデメリットを書くと、


メリット


・ブログでトレード結果を公開することによるモチベーションの上昇

・チャート画像等を使用することによってトレードデータをより見やすく詳細化することができる

・早く利確したい病の抑止

・(いつかは)トレード仲間が増える(かもしれない)

・頭の中で考えていることを文字にすることによって新たな発想が生まれる(可能性がある)

・ブログ収入によってパート時間を減らすことができる為、FXに費やせる時間が増える

・ストレス発散

 などなど



デメリット


・トレード時間中に夢中で記事を書くことによって、稀にトレードチャンスを失うことがある

・トレード結果を公開することによるプレッシャーの増加

目が痛くなる


こんな感じ。



うん、色々と書きたいことはたくさんあるんだけど、とにかく最後の赤字の言葉が全て。


目が痛くなることを除けば、デメリットよりもメリットの方が数倍勝っていると思うのだが、
最近は目の状況がかなり悪く、トレードにも影響が出てしまっている。


いくら毎日のブログ更新によりトレードにいい影響があったとしても、
ブログを更新することによって目が痛くなってトレードができないというのでは元も子もない。




10月からようやく詳細なトレード結果を載せてFX日記を書き始めた矢先だったが仕方ない。

残念だが、このおっさんブログは一旦スタイルチェンジさせて頂くこととなる。



でも、まだ日記形式でブログを書きつつ億万長者になって、
読者と喜びを分かち合うという夢(←いつからそんな夢を描くようになったんだ?)は諦めていない。


目の状態さえよくなれば、日々のトレード結果を載せていく日記スタイルに戻る予定だ。

毎日おっさんの記事が読みたいという熱烈なおっさんファンの方々は、
どうか目が回復するまでお待ち願いたい。(←だからいねーって!!)





・・・はい、どうしようかな、最近のFXのトレードについても少し書こうかな。

う~ん、でもなぁ、また長くなりそうだよなぁ。


・・・う~ん、、、しょうがない。今度にするか。





それでは、今後は目の調子がいいときだけの不定期更新となると思いますが、
これからも「パートのおっさんのFX日記」をどうぞよろしくお願い致します!







↑↑↑

拍手も嬉しいけど、このボタン押してくれた方がもっと嬉しいです!
今回は欲張らずに一個だけにしてみたから(笑)ついでにどうかポチっとお願いします。

 

おっさんの言い訳

どうも。パートのおっさんです。


前回の記事にたくさんのコメントや、励ましの拍手ボタンを押して頂きありがとうございます。

また、何人かはランキングサイトのボタンも押して頂いたようで、
最近放置していたせいで下がっていたランキングも少し上がりました。

皆様、本当にありがとうございます。ブログ更新の励みになります。




さて、まず今回は言い訳から書いていきたい。

最近、皆様から「さっさと病院行ってこいや!!」という有難いお声を頂戴することが多いのだが、
なぜ頑ななまでに眼科を受診しないのかという問いに対しての言い訳だ。




・・・え?どうでもいい?


・・・うん、だよね(笑)


でも書きたくなっちゃったんだからしょうがない。
ちょっとだけ書いていく。




まず、仕方ない、最初に正直に認めておこう。怖い!(笑)


実は眼科を受診したことは過去に2度程記憶にある。

1度は中学生の頃、目が悪くなり始めて黒板の文字が見えづらくなり、
初めてメガネを購入する前、視力測定がてら一応診てもらったとき。


そのときに前回書いた眼圧を測定する機械を初体験した。


昔から何故か目の中になにかを入れるのが極端に怖くて、
目薬はおろか学校のプールの後に水道で目を洗うことすら出来なかったおっさん。

(わかるかなぁ、あの水道の水が出てくるところが2つあってピューって出るやつ。最近はないのかなぁ・・・。)


そんなビビリのおっさんの目に、あの眼圧の機械はいきなり強烈な風を吹きかけてきやがった!
これには、冗談抜きで椅子から転げ落ちそうになってしまったおっさん。

上手く数値が取れなかったのか、その後何度も風をかけられるも、
その都度ビクっとなって逃げてしまうので、医者には怒られるわ、看護師には笑われるわで、
散々な思いをし、今でも深いトラウマとなっている。


次に眼科を受診したのは確か22、3歳の頃。

目の中にゴミが入ったのか、ずっとゴロゴロとしているような違和感を感じてたんだけど、
そのうち取れるだろと思って放っておいたら、真っ赤に充血してしまった。

2、3日経っても取れないから仕方なく病院へ。

そのときは医者が、「はい、ちょっと我慢しててねー」と言ってきて、
いきなりおっさんのまぶたをグルっと裏返しにしやがった!

目ん玉が飛び出しちゃうんじゃないかと思ったそのときの恐怖は今でも忘れない。

でもそれでゴミが取れたのか、まぶたを元に戻してもらったらゴロゴロが治っていた。




以上のような体験をし、眼科に対して強い恐怖心があるというのは、この際だ、素直に認めよう。

だが、それだけが眼科を受診しない理由ではない。


皆様、冷静になってよく考えて欲しい。
皆様が病院に行くときの理由はなんだろうか。


ちょっとのどが痛いなぁって思ったらすぐさま病院に行くだろうか?
ちょっと転んで足を擦りむいたからといってわざわざ病院に行くだろうか?

いや、まあ心配性の人はもしかしたら行くのかもしれないけど、一般的に考えて欲しい。


(病院嫌いの)おっさんが(渋々)病院に行くときの理由は、放っておいても症状が治まらないと判断したとき、
原因がわからなくて怖いとき、痛みが強すぎてこれはやばいと思ったとき。

このどれかに該当したときのみだ。


今の目の症状を考えると、(パソコンを見ずに)放っておけば治る、原因ははっきりしている、
痛みを我慢できないということはない。


如何だろうか、今のところ病院に行く理由はないと言えないか。



それに前にも書いたが、病院に行ったところで、散々待たされた挙句、
数分で診察が終わって目薬を出されて終わりというのは目に見えている。(目だけに)


というのも、2年ちょっと前に30歳になり、真のおっさんとなったおっさんだが、
歳のせいなのか、環境変化によるストレスのせいなのか、たまたまなのかよくわかんないけど、
急に体が弱くなったらしく、その後の2年間で大嫌いだった病院に行きまくった経験がある。


だから、もはや受診せずとも医者の対応などはわかるのだ。


ちなみに、この2年で受診した病院を思い出せる限りで書いていくと、
(あ、長いからスルー推奨です)


・整形外科
引っ越しの際に重い荷物を運んだのが原因なのかどうかわからないが、
慢性的に抱えていた腰痛が酷くなり、徐々に痛みに耐えられなくなり受診。
簡単な問診のあとシップを出されて終わり。いつの間にか治った。

・脳神経外科
結婚や引っ越しによる環境の変化に伴ったストレスか寝不足が原因と思われるが、
深夜に急に悪寒がしたと思ったら、数分間けいれんが治まらず。嫁に強く言われ、念のため受診。
脳の検査をして異常なし。様子を見るよう言われる。その後、再発はなし。

・耳鼻科×3
これもストレスが原因かわからないが、耳が詰まってる感覚がしたり、耳鳴りが治まらず受診。
3つの病院を受診したが、結局原因も対処法もよくわからず仕舞い。
今もときどき症状が出るが、いつも2、3日の時間経過で治る。

・皮膚科
シップを貼ったところがかぶれて湿疹のようなものができる。
しばらく経っても治らなかったから薬を貰いに渋々受診。薬を塗って治る。

・内科
いきなり39度を超える高熱が出てやばそうだったから受診。インフルエンザだった。
行くのが遅かったらしく、もう薬を飲んでも治らないから数日耐えるしかないと言われる。
なんとか耐えきって治る。

・胃腸科
下痢が止まらずに怖くなって行ったが、ビオフェルミンを出されて治ったのは記憶に新しい。

・肛門科
急にかゆくなった(笑)
薬を塗ったら治った。

・歯科
虫歯。もう行かない!歯磨く!



こんなところ。もしかすると忘れてるのがもっとあるかも。


痛みには激弱だが、大の病院嫌いのおっさん。

これまでは病院なんて年に1度行くか行かないかっていう感じだったのに、
2年間でこれだけの病院を受診した。



でだ、30歳を過ぎ、急に病院通いのベテランとなったおっさんだが、
これらの病院を受診したときの医者の態度が本当にひどかった。

特に整形外科、脳神経外科、皮膚科に胃腸科!


「こんな症状で病院なんか来んなよ!」とでも言われているかのような対応。
こっちは忙しいんだよ感がヒシヒシと伝わってきた。

まあ確かに、たぶん放っとけば治ったって感じだったしね。
それでいうと、耳鼻科も内科も。


でも言うなれば、こっちは高い金払って来てる客のようなもんだぞ!
なんでそんな上から目線で物言われなきゃいけないんだよ。偉そうにしやがって。


って、そんなこと面と向かっては言えないんだけどね。治してくれなかったら嫌だし。。(笑)



つまり、何が言いたいかと言うと、もう医者にそういう対応をされるのはウンザリだということだ。


治せるものは自分で治す。
どうしようもなくなったら病院に行く。

おっさんはそういうスタイルで生きることを決めた。


もしそれで重大な病気になったときに病院に行くのが遅れて手遅れになったとしても後悔しない!





・・・いや、やっぱちょっと後悔するかも・・・(笑)



というわけで、さっさと眼科を受診しろ!というお声は有難いものの、
まだそのときではない!というのがおっさんの答えです。


言い訳にしか聞こえないかもしれないけど、
決して、眼科が怖いからっていう理由だけではございません。

本当です。






・・・う~んと、、長々と何書いてんだこのおっさんは・・・(笑)










はい、相変わらずどうでもいいこと書き過ぎだね。
さすがにちょっとFXのことも書いておこう。


昨日は21時半くらいから久しぶりにおもしろい動き。
たくさん勝った方、残念ながらやられた方、けっこういると思う。

こっからさらにドルもユーロも大きく動きだすのかなぁ。




最近逆張りスキャがメインのおっさんは昨日のような動きをされるとけっこう厳しいんだけど、
なんとか収支はトントン。

ああいう相場のときは、まだ研究中の順張り手法が効果を発揮する。

昨日はユーロ/円で14時前にパターンA「揉み合い離れ」を使える場面があったし、
(トレード時間外の為、入れず)
21時半の指標発表前にはパターンD「二段からの三段狙い」で売りでイン。

おっさんルールで指標発表前は入らないっていうルールがあるんだけど、
大した指標じゃなさそうなときはOKにしている。

実際にはけっこう大したことあったけど(汗)


ドル/円もパターンIの「押し目買い」でけっこう取れたし、
おっさんのデイ手法の多くは、昨日のような良く動く相場で効果を発揮する。


まあまだ、0.1枚とかでやってるから収支には全く影響ないんだけどね(涙)


でもデータを取り続けて、使える手法を選別し、将来的に大きな枚数で勝負できるようになれば、
おっさんの大きな武器となることは間違いない。



本当はそれをブログ上でやりたかったんだけど、
現在の目の状態ではどうやら厳しそう。。

トレード結果も載せて毎日更新したかったんだけど、
それをやると目への負担が半端ないことがわかった。




・・・そうだった、ではこのブログをどうするか・・・っていう記事を今日は書こうと思ってたんだった。
なんか病院のこと書いてたら熱くなって忘れてた(笑)


もう少し悩んで、今度こそ次回の記事でこのブログの方向性を決めようと思います。。






押してくれればモチベーションが上がって、目を気にしつつもブログ頑張るかも!?

↓↓↓

       にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

 

おっさんの苦悩

どうも。パートのおっさんです。


今月はせっかく調子良くブログ書けていたのに、ここにきて間が空いてしまった。無念。



さて、突然の発表になるが、今このおっさんブログは閉鎖の危機を迎えている。


(今回の記事は決断力のないおっさんがあーだこーだ悩んでいるだけの内容のない記事となっています。
全く面白くない上に暗い話題で、尚且つたぶん長くなるくせに結論は出ないので、
熱烈なおっさんファンの読者様(←いねーよ!)以外はスルー推奨です。)


というのも、もう以前から何度も言っているから、しつこいよ!って言われちゃいそうだけど、
やはりおっさんの目の調子が原因である。



最近、人間の目ってのは消耗品なんだなってことに気付いた。


生まれつき目が見えないって人もいるだろうけど、それ以外の人間は、基本的に使っていくうちに悪くなっていく。
子供の頃、両目共に視力2.0だったおっさんの目は、今や両目を使っても0.1あるかないかくらいだ。

それでも、コンタクトやメガネは嫌いだから普段はしないんだけど、
遠くこそぼやけて見えないものの、今のところ普段の生活に支障はない。


だが、最近の目の酷使による、慢性的な充血や疲れ。

この状況が続くと、もしかしたら近い将来、全く目が見えなくなるんじゃないか、
そんな恐怖が、ふいにおっさんを襲ってきた。


1日ゆっくり目を休めても治まらない充血、頭痛までするようになってきた疲れ目。
金曜の夜などは、普通に目を開けていることすらもつらい状態。

明らかに異常を感じていたが、ごまかしごまかしやってきた。
でもついにそれも限界。


億万長者になっても目が見えないなんていう生活は絶対に嫌だ。



幸いにもまだ、目を極力使わないようにして2~3日経てばある程度回復はする。
今のうちに手を打っておく必要がある。



・・・ん?なんで病院行かないんだって?いい加減行って来い?


いや、どうせ目薬出されて目を休ませて下さいって言われるだけだろうから。
そうすれば治るってことは医者でなくともわかる。


一応言っておくが、
決して眼圧を測定する機械(あの、あご載せて目に風をかけられるやつ)が恐いからではない。

初めてやったときにビックリして椅子から転げ落ちそうになって笑われたことによる
トラウマがあるなんてことはない。断じてない。


まあそれは半分冗談として(←半分?)、これ以上悪くなって治療をすることを考えるんじゃなく、
悪くなっている原因を明らかにして、それを軽減する方向で考えていきたい。



現状、目に負担を掛けている要因ははっきりしている。

パソコンである。


テレビはそんなに見るほうじゃないし、携帯(スマホじゃない)はほとんどいじらない。
最近はゲームもしないし、読書もそんなにしていない。

目に負担を掛けている要因は、パソコンの作業以外に考えられない。


では、具体的にパソコンで何をしているのか。
ちょっと思いつく限り挙げてみる。


FX関連
・トレード(とくにスキャルピング)
・チャート監視
・トレードデータの管理
・勉強

それ以外
・趣味(野球や競馬の結果などを閲覧、ブログ巡り、スロット動画、ネット麻雀など)
・お小遣い稼ぎ(ポイントサイトやせどり)
・デジカメの写真やipod用の音楽の管理



こんなところか。
平日は平均して10時間くらいはパソコンの前にいると思う。

これらの中から少しずつ削れるものを削って、目への負担を減らしていきたいと考えている。


だが、まず大前提として、おっさんは本気で億万長者になろうと思っている。
偶然なるのではなく、FXで勝つべくして勝って、必然的に億万長者になる。絶対にだ。

優先すべきは当然FXで勝つこと。
それを踏まえた上で考えていきたい。



まず、FX関連から。

・トレード(とくにスキャルピング)
かなり目への負担は大きいが、手応えを感じているスキャをやめる訳にはいかない。
トレード時間を減らすという最終手段もあるにはあるが、今はまだそのときではない。


・チャート監視
ボーっと見てる分には目への負担は少ない。
それでも毎日8時間くらいは眺めているから、かなり影響はあると思うけどこれもやめられない。


・トレードデータの管理
手法を使った際には、チャート画像の保存、細かい収支や時間など全てを記録。
エクセルへの数字の入力など、これもかなり目への負担が強い。もう少し簡易化してもいいかも。
確実に勝てるようになったら、データなんて取る必要ねーぜ!って言ってみたいんだけど、まだ無理。


・勉強
主に色んな方のブログを見たりして、どういうトレードをしているのか参考にしていたんだけど、
自分のスタイルが確立されようとしている今、そろそろ必要なくなってきたか。
これまで土日をメインにして勉強してきたけど、これからは目を休ませる為にやめるという選択肢も。




・・・はい、やはりFX関連の作業はあんまり削れない。

とりあえず、細かすぎるデータ管理を少しアバウトな感じにして、パソコンを使った勉強時間を削れば、
ほんの少しは目の負担が減るかな。


目の状態がいよいよ酷くなったら、時間を短くして、データも取らずにトレードってことになるだろうけど、
まだ初心者のうちからそれやっちゃうと勝つ可能性が低くなりそうだし、できれば回避したい。




では次。


・趣味(ブログ巡り、野球や競馬の結果などを閲覧、スロット動画、ネット麻雀など)
FXで勝つ為に全く必要ないだろと思いきや、実は意外と貢献している。
ポジションを持ったあと思い通りに値が動いている際などに、パソコンの前を離れる訳にはいかないけど、
こうした別の作業をすることによって、早く利確したいという気持ちを紛らわせることができる。
これけっこう重要。負けたくないという気持ちが強すぎて利確が早いというおっさんの弱点をカバー。


でも麻雀は目の負担も大きいし、夢中になってしまうリスクがあるから引き続きしばらくは禁止かな。
億万長者になったあと存分にやろう。
あとは、スポーツの結果を見るくらいは大したことないからいいとして、動画は少し控えないとダメかな。


それと、ブログ巡り。
以前から色んな方のブログ(主にギャンブルや投資系)を見るのが趣味だったんだけど、
最近は自分がブログを始めたことによって、ブログ仲間も少しずつ増えて、
見ているブログの数が半端なくなってきた。100超えてるんじゃないか。

今までトレードの合間にちょくちょく見ていたんだけど、文字を読んだりするのはけっこう目にくるから、
今後はこれも少し控えるようにしないといけない。



・お小遣い稼ぎ(ポイントサイトやせどり)
これもFXに関係ないと思いきや、実は間接的に影響。
ネットを使ってお小遣い稼ぎすることによって、パートの時間を減らすことができる。
パートの時間が減るということは、その分をFXの時間に充てることができるっていう寸法。

ただ、やっぱりある程度稼ぐには本格的に取り組む必要があるから、
片手間でちょこちょこっと稼ぐってのは中々難しい。
目への負担も大きいし、一旦やめようかな。


・デジカメの写真やipod用の音楽の管理
これはFXには全く関係ないな。
まあ大して目の負担にもなっていないし、どうでもいいか。




・・・う~ん、だいぶこの記事長くなってきたな。目が痛い(笑)


まとめると、

・管理するデータの量を減らす
・勉強をやめる
・ネット麻雀禁止
・スロット動画もなるべく見ない
・ブログ巡りの頻度を減らす
・小遣い稼ぎも禁止

こんな感じ。


これで少しは目への負担が減るはず。
だが、これではまだ不十分。



相変わらず自分でも驚きなんだけど、ここからがこの記事の本題だ。(前置き長っ!!w)



目への負担を掛けている要因はもうひとつある。




そう、エロ動画鑑しょ・・・じゃなかった、このブログの運営である。



・・・え?本当は観てるんだろって?

いや、ほんとに観てないって!ウイルス恐いし!!(←それが理由?w)




はい、ここからはFXをやる上での、ブログのメリット、デメリットを書いていこうと思ったんだけど、
さすがに長くなりすぎたからやっぱりまた今度にしようかな。


自分でも理解はしているんだけど、こうして夢中になって書いてしまって、
目への負担が半端ないってのが、おっさんにとってブログの大きなデメリット。

その大きすぎるデメリットによって、今このブログは閉鎖の危機を迎えているというわけだ。


でもなぁ。せっかく半年間楽しく続けてきたブログをやめたくはないしなぁ。。
ただ、目のことを考えるとなぁ。目の健康もFXで勝つ為に重要なことだしなぁ。。



・・・うん、往生際が悪いね。

もう少し悩む!




ではまた次回。




おっさん絶対ブログやめんなよ!っていう心優しい方は、
ひとつでもいいのでどれかをポチっと押しておいてください。

↓↓↓

       にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

 
プロフィール

パートのおっさん

Author:パートのおっさん
 
職業:パート
性別:おっさん

初めての方でギャンブラーまたは
トレーダーの方は コチラ

 【生涯ギャンブル戦績 (概算) 】
競馬 : -200万 男の単勝一点
麻雀 : -100万 場代
カジノ : -50万 地下・韓国・ベガス
株式取引:-50万 リーマンショック!
競艇 :  -2万 初心者
パチンコ : ±0 ほんとか?
競輪 : +200円 勝ち逃げ
パチスロ:+700万 天井狙い
FX  :  +2億 (予定)

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
おっさんブログの現在の順位は?





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

FX取引高世界第1位

FXなら
検索フォーム
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。