スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界同時株安(リーマンショック)が起きたときの日経平均の値動きの話

最近、麻雀、おっさんがブログを始めたくだらない理由、ブログで儲けた自慢、偉そうな解説、など、
読者の皆様があまり好まないであろう記事が続いてしまった。

このままではおっさんブログの過疎化がさらに加速していくという危機感を感じている。


そんなわけで、今日はお詫びというわけではないが、久しぶりにおっさんの歴史記事を書いていこう。
もちろん、みんな大好きおっさんの黒歴史だ。


コラ!そこ!
「よっ、待ってました!」 じゃないよ!!

人の不幸をなんだと思ってるんだよ。

まったく。




・・・はい。


では、つまらない前置きは置いておいて、早速書いていこう。

これは当時、株取引初心者だった若き日のおっさんが、数十年に一度と言われる大きな相場の波に
知らずの知らずのうちに飲み込まれて、大きな痛手を負った、という話だ。

株の話なので、わからない方には難しい話になってしまうかもしれないが、
なんとなく雰囲気だけでも味わって頂ければ幸いだ。


今回は歴史カテゴリでは珍しく画像やデータを用意しての記事になる。












――2008年10月6日 月曜日 午後15時。

僕は、自宅のパソコンの前で全身から冷や汗を垂れ流していた。


「嘘だろ・・・。」



事の発端は、前の週の金曜日に信用余力を存分に使って、思い切って株を仕込んだことだった。


株式取引を始めて1年近くが経っていたが、
ちょうど1か月程前に信用取引をできるようにしたばかりだった。


マイナスに転落した年間収支。重くのしかかる借金の利息。


そんな焦りや不安と、色々な悪いタイミングが重なったのだろう。


でもまさかあんな事になるとは。
あのときの僕は、想像すらしていなかった・・・。







――僕が株式投資の世界に足を踏み入れたのは2007年11月のことだった。

デビューに至った詳細な経緯はこの辺りの記事で書いているので、
もし良ければお暇なときにでも読んで頂きたい。


おっさんの歴史 PART③

おっさんの歴史 PART④




消費者金融のカードローンで用意した120万の元手でスタートし、デビュー戦こそほろ苦い結果に終わるも、
そのあと運に恵まれ、初月50万以上のプラスを叩き出す。


しかし、翌月にはきっちり相場の洗礼を受け、46万のマイナス。
ここから徐々に厳しい相場の世界で揉まれていくこととなる。


あまり思い出したくない記憶ではあるのだが、古いパソコンのデータから当時の記録を見つけ出したので、
参考までに月間収支を公開しておこう。



2007年
11月 +501,000
12月 -459,000
2008年
1月  ±0
2月  +95,000
3月  -60,000
4月 +132,000
5月  -87,000
6月  ±0
7月  +11,000
8月  -91,000


注:細かい数字は切り捨てている




今冷静にこの数字を振り返ってみると、

2007年11月1日の日経平均株価終値が16,870円、2008年8月31日の終値が13,072円と、
あまりいい地合とは言えない中、ど素人が買いオンリーでデイトレ、スイングで戦ったことを考えると、
まあそこまで悪くはない結果だったんじゃないかとは思う。


明らかに日経平均が右肩下がりの中、ど素人がよく健闘したよと、当時の自分を褒めてやりたい。



だが、あのときの僕は焦っていた。
取引記録だけを見ると一応ギリギリプラスではあるのだが、上のデータはあくまでも株の取引のみの数字。


僕の元手はサラ金で借りた利率18%の借金だ。
利息を払い続けている為、それを考慮すると実際にはマイナス収支だった。


経験した人間にしかわからないと思うのだが、この利息というものがもたらすプレッシャーは半端ない。
ただ何もせずに過ごしているだけで、お金がどんどん減っていくのである。


当時、まだ若かった僕は何度かそのプレッシャーに押し潰されそうになり、

度々、株の口座から全額出金して、消費者金融に全額返済、
しばらくして気持ちが落ち着くと、また消費者金融で借りて株の口座に入金など、余計な行動を繰り返した。


記憶が定かではないが、2008年1月と6月の収支がプラマイ0なのはその為だと思う。



初めのうちは楽しかった株取引も段々と苦痛になっていった。

絶対に勝たなければならない。負けたら待っているのは借金地獄。


なぜそこまでして株の世界で戦っていたのかと問われると、若干答えに窮するのだが、
一言で言うと、「自分の居場所を見つけたかった。」ただそれだけだったと思う。




・・・すまん。格好付けてみたかっただけだ。

が、本当だ。






当時の僕は、現物取引しかしていなかったが、この下げ相場で勝つ為には空売りという手段が
必要だということを理解した。

買っても買っても下がる一方。ならば売るしかない。

(ここら辺は株をやったことない方にはわからないかもしれませんが、株の世界では売りから入って
あとで買い戻すことで利益を得るという方法があります)


2008年9月、僕は信用口座の開設を決意したのだった。



いきなり取引できる金額が3倍になったことにより、僕のトレードにやや荒さが目立つようになった。

今までは余力が少なかった為、慎重に慎重に、ここぞというチャンスを待って取引していたのが、
なんとなくチャンスっぽいなと思うと、すぐに取引するようになってしまった。


しかも、リーマンブラザーズの破綻などもあり、日経平均が1ヶ月で2000円近く下げるような悪地合いの中、
相変わらず買いから入る取引ばかりで勝負していたのである。



今、過去に戻れるなら何でそんなバカげたことをしているんだと、
ボコボコにして地中に埋めてしまいたい衝動に駆られるのだが、

当時の僕には、男が勝負するときは黙って買いでしょ、というクソの役にも立たない考え方があった。



せっかく勝つ為の手段として空売りを解禁することを決意し、信用口座を開設したのに、
結果は、ほとんど空売りをせず、余力が増えてリスクが高まった上に、
トレードが下手になるという、最悪のものだった。

この月、僕はマイナス10万円という収支を計上する。





そして、迎えた運命の2008年10月。

相変わらず株価は下がり続けた。


これほどまでに急激に下がり続けたことは僕の(たった1年の)株式投資歴の中では初めてだった。
1年前には1万7千円以上だった日経平均株価が1万1千円を割り込んでいった。



日本中の投資家達がどこまで下がるんだ、とビクビクしている中、

さすがに1万円は割らないっしょ?こんなに下げたんだからあとは上がるだけじゃね?
根っからの捻くれ者のど素人がそう考えるのは当然のことであった。






ここからは少し数字を見て頂こう。2008年10月の日経平均株価の終値だ。



10月1日(水)  11,368.26

10月2日(木)  11,154.76 (-213.5

10月3日(金)  10,938.14 (-216.62


9月の勢いを継続し、さらに下げ幅を広げる日経平均株価を見て、
いい加減ここらが底だろう、万が一、これ以上下がったとしてもたかが知れている。

そう判断した僕は、初めての大勝負を決行した。


・2か月続けて大きなマイナスを出してしまった
・そのせいで1年近く株の取引をしてきて、初めて取引収支がマイナスに転落した
・最近信用取引ができるようになった
・とにかく早く大きく勝って利息のプレッシャーから解放されたかった
・なぜか自分が負けるわけがないという自信に溢れていた



他にも色々と理由はあるのだろうが、
以上のようなことから冷静に判断した上での勝負でなかったことは間違いない。


とりあえずいったれ!!といった勢いだけでの取引。


結果は皆様が予想する通りになったのだが、これが物凄いタイミングだった。


ちなみに、この10月3日に仕込んだのは、現物で日本通運の株を90万円分くらい。
その株を担保に、ミクシィやサイバーエージェントなど、当時勢いのあった新興株を170万円分以上。

何度も言うが、元手は借金である。


借金で株を買い、その借金で買った株を担保にして、信用取引を使って株を買った。


狂っているとしか思えないだろうが、これは実際に僕が経験したノンフィクションの出来事だ。



では、週末に借金で260万円以上の株を買って持ち越し、
週明け、地獄を見ることになった僕のノンフィクションを日経平均株価の動きで感じて頂こう。



10月6日(月)  10,473.09 (-465.05

10月7日(火)  10,155.9 (-317.19

10月8日(水)  9,203.32 (-952.58

10月9日(木)  9,157.49 (-45.83

10月10日(金)  8,276.43 (-881.06









・・・初心者の僕が放心状態に陥ったであろうことは想像に難くない。





ところで、この動きはまだ初動に過ぎないのだが、先に1枚の画像をお見せしたい。

冒頭で、ど素人が冷や汗を流しつつ、青い顔で眺めていたパソコン上には、この画面が表示されいた。



リーマン


見慣れない方にはわかりづらいかもしれないが、約32万6千円のマイナスとなっているのが
おわかり頂けるかと思う。

これは全て10月6日の終値の画像である。

つまり週末の3日に株を買い、週末を挟んでたった1日でこれだけの含み損を抱えた。




しつこいだろうが、もう一度言う。元手は借金だ。





翌日、信用余力がないせいで耐えられず、放心しながらも半分程度の株を売却し、マイナス25万を確定。

キャプチャする余裕がなかったのか、古いパソコンの中に画像は見当たらなかったが、
さらにそれと同程度の含み損を抱えていた。




その後の動きを見てもらおう。



10月14日(火) 9,447.57 (+1171.14)

10月15日(水) 9,547.47 (+99.9)

10月16日(木)  8,458.45 (-1089.02

10月17日(金) 8,693.82 (+235.37)




この週のはじめ辺り、日経が勢いよく反発したところで現実逃避から戻ってきて、
保有していた株の売り時を探り始める。




10月20日(月) 9,005.59 (+311.77)

10月21日(火) 9,306.25 (+300.66)

10月22日(水)  8,674.69 (-631.56

10月23日(木)  8,460.98 (-213.71

10月24日(金)  7,649.08 (-811.9




この週の火曜日に保有株を全て処理。一時期35万まであった含み損が、5万程度のマイナスで済んだ。


その後の動きがこれ。凄すぎて、最早わけがわからない。




10月27日(月)  7,162.90 (-486.18

10月28日(火) 7,621.92 (+459.02)

10月29日(水) 8,211.90 (+589.98)

10月30日(木) 9,029.76 (+817.86)

10月31日(金)  8,576.98 (-452.78



この週、場中に一瞬日経平均が7千円を割るなどしつつ、激動の10月の幕が閉じた・・・。





以上が、素人のアホが軽い気持ちで大勝負に挑んだら、とんでもない洗礼を受けることになったという、
世界同時株安(またの名をリーマンショック)という名の試練の簡単な記録である。



この10月をマイナス30万で乗り切り、11月に20万、12月に10万と取り返したものの、
翌年、残念ながら50万のマイナスを叩いたところで、僕の株式投資生活は終わりを告げた。




だが、この経験は僕の投資家としての器を一段階も二段階も大きくしてくれたのは間違いない。


ごく最近、ギリシャ問題などで日経の値が大きく動いたりしたが、
僕から言わせればあんなものはハナクソと同じである。

そんなように考えられるのは、このリーマンショックを経験したからに他ならない。



今はFXという世界に身を置いているが、この経験は必ずやFXの世界でも財産となるであろう。




これを読んでくれている皆様に改めて宣言したい。
僕は必ず成功する。



何度も何度も失敗を重ねてきたが、僕は絶対に諦めない。


若い頃の無鉄砲で恐いもの知らずだったときのような勢いは、もう持ち合わせていないかもしれない。
だが、今の僕には経験という武器、どんな相場でも冷静でいられるという武器がある。



近い将来、その武器を含めた全ての力を駆使して必ずや億万長者になってみせよう。










・・・あ、くれぐれもお前には無理だ、などといった誹謗中傷をしないように。
実はガラスのハートのおっさんは、そういった言葉に傷つきやすいのだ・・・(笑)









はい、今回は長々と株の話をしてみました。株をやったことない方にはちょっと難しい話になってしまったかも。
次回は、スロットかカジノかそこら辺のことを書いていく(と思う)ので許して下さい。

とりあえずこの話の教訓は、借金を抱えて株式投資をしてはならない、
ましてや、勝算のない大勝負など絶対にしてはならない、ということだ。

皆様も肝に銘じておいてほしい。



あ、そうそう、最後にこれを伝えておきたいんだけど、おっさんが株を始めるとリーマンショック、
FXを始めると東日本大震災からの円史上最高値。

なんか、持ってるとしか思えないんだよね。そろそろ何か起きるかも!?
投資家の皆さんはどうかお気をつけ下さい・・・(笑)







↓お前に億万長者は無理だ!って方はコメントじゃなくてどれかをポチっとお願いします。

       にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

応援してます

エントリーの際は是非教えてください!

こっそり逆に...(笑)

あおてんさん
了解です!でも2億円負けることになっても知りませんよ?(笑)

No title

リーマンショックの時、私の持ち株も散々な状況になりましたよ~。
クリック株でレバレッジをかけて225もやっていたので、そちらはより一層ハラハラでした。
あの時、資金管理の重要さを痛感しましたね。
でも乗り切ってしまうと、変な自信がついてしまって、そちらの方がかえって危ないかもしれません。
とにかく生き残った者勝ちの世界ですから、しぶとく粘っこく生き抜いてやろうと思います。

とにかく完全な退場はせずに済んだんですね。改めて、してはいけない事が確認出来た気がします。

けっこう長文でしたけど、目の調子は大丈夫ですか?
FXもブログも、無理せず続けて下さい。

Toppiy38さん
さすがはベテランの猛者。あのとき225やってたらメッチャ面白かったでしょうねー!
僕のように借金なんかではなく、余裕資金でやっていればの話ですが・・・(笑)
ほんと、とんでもない動きが続きましたよね。あれはしっかり資金を管理してないと確実に即退場ですね(^^;)

なるほど、乗り切ったせいで変に自信がついて、そのあと調子に乗って変なトレードしてしまうってことも
ありそうですね。
でも、おっしゃる通りとにかく生き残ってさえいればチャンスはあると思うので、
まずは生き抜いて経験を積むことが大事だと思います!

お互い絶対に息の長い投資家になりましょうね(^^)v

な・なしさん
ぜひとも僕の行動を反面教師にして頂きたいと思います・・・(^^ゞ

いつもお気遣い頂きありがとうございます!
口座開設の件といい、な・なしさんが神様に思えてきました(笑)

目は前より良くなったものの、相変わらず充血している日が多いので、
ブログは調子がいいときだけにして、休み休みのんびり続けていきたいと思っています。

でもなぁ、書きたいことがまだまだ一杯あるので、溜まっていく一方なんですよねぇ。。(汗)

No title

うはぁサブプラ&リーマンショック懐かしいwほんとこの時期は凄まじかったですよね~ベアスターンズが救済されてほっと一息って所でのファニーメイとフレディマックの暴落、そしてリーマンブラザーズが64兆円の負債を抱えて破綻。。続けてワシントンミューチュアルも破綻。。米国で金融安定化法案が否決されダウ暴落、再度審議され可決→ダウ暴落。。更にロシアの株式市場が2週間ほど休みになったり、日経がサーキットブレイカーを発動したり、原油が140ドル→40ドルに暴落したり、VIX指数が90レベルまでいったり、アイスランドが非常事態宣言をしたり…ってか、あれを経験してる人としてない人ではリスクヘッジの考え方が根本的に違うよなと思っております。。かく言う自分はあの嵐の中ずっとガクブルしながら見てるだけで、手をつっこんだらほんと軽く数千万~億レベルの損くらいサクッとやられる相場でしたよね~こうやって自分でコメント書いててもほんと怖いというか懐かしいですw(/∇\*)

れすぽ~るさん
内容が詳細すぎてついていけないです・・・!(笑)
当時素人だった僕には(←今もだよw)何が起きてるのか全くわかりませんでしたよ。
とにかくすごいことが起こってるんだろうなぁって感じでした(^^ゞ

ほんと、あれを経験した人が語るリスクと経験していない人が語るリスクとではレベルが違うと思います。
最近の普通の相場に慣れてたら、あんなことが起こるなんて思いもしないでしょうからね。
でもれすぽ~るさんならあの嵐も上手く乗りこなして利益を出せたんじゃないですかぁ?(^-^)

僕は怖いとは思いつつ、もう1回あれぐらいのレベルの相場が来ないかなぁって、どっかで期待しています。
借金を片付けた今なら、今度こそ上手くやれるんじゃないかなって。
・・・甘いですかね?(笑)

No title

いえいえ、ほんと自分はただ見てるだけでしたよ~w売り禁の銘柄ばっかりでまともに売れる状態じゃなかったですし、いきなり急反発したりするんでテクニカル前提ではやりようがなかったですw自分は1番覚えてるのは底で新日鉄と何かを買って次の日、日経が1000円上がった時の寄りで売って多少利益取った程度でしたよ。。う~む、ああいう相場は平常時に強いテクニカルの組み立てをしてる人は多分退場コースだったと思いますが、ボラに強いテクニカルの組み立てをしてる人は爆益だったんじゃないでしょうかね?だもんでああいう相場でサクサクっと利益を取るにはパーさんがどっちの組み立てをしてるかによると個人的には思いまっす。。(/∇\*) あのクラスのクラッシュですか~そしたら直近は中国の不動産バブルのクラッシではないでしょうかね?金額的にはサブプラを超える規模(単純比較ではサブプラは100兆円ほど、中国の理財商品&融資平台は500兆円、勿論全部が焦げ付くわけじゃないし、中国の場合はグローバルに波及するわけじゃないんで単純比較は出来ないですが)になるかもなんで直近はそれくらいじゃないでしょうかね?(/∇\*)

れすぽ~るさん
なるほど~。組み立てによって明暗が分かれるってことですね。
それでいえば僕の場合はボラがないとトレードの意味などないって感じの組み立てなので、相性はいいかもしれないです。
でも慎重なくせに好戦的な性格をしてるので、一回負けだすとズルズル退場まで追い込まれるかも(笑)

ただ結果はどうあれ、ああいう相場は大好物なので早く中国がクラッシュしてくれることを期待します(笑)
プロフィール

パートのおっさん

Author:パートのおっさん
 
職業:パート
性別:おっさん

初めての方でギャンブラーまたは
トレーダーの方は コチラ

 【生涯ギャンブル戦績 (概算) 】
競馬 : -200万 男の単勝一点
麻雀 : -100万 場代
カジノ : -50万 地下・韓国・ベガス
株式取引:-50万 リーマンショック!
競艇 :  -2万 初心者
パチンコ : ±0 ほんとか?
競輪 : +200円 勝ち逃げ
パチスロ:+700万 天井狙い
FX  :  +2億 (予定)

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキング
おっさんブログの現在の順位は?





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

FX取引高世界第1位

FXなら
検索フォーム
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。