スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてパチンコとパチスロを打ったときの話 ―前編―

最近またどうでもいい内容の記事が続いた。今日はちゃんとブログ書く。

予告通りおっさんの歴史カテゴリの記事を書いていきたい。


今回はパチンコ・パチスロの話。

一応、デビュー戦のことを書いたあとパチスロ北斗の拳の話に繋げていく予定だけど、
例によって長くなる可能性が高いので、もしかしたらデビューだけで終わっちゃうかも。

まあ、とりあえずのんびりと書き進めていって様子を見てみる。
いつものごとく、お暇なときの時間潰しにでもなれたら幸いです。








――2002年7月某日。


僕は会社の先輩であるウエダさん(仮名)と共に、
神奈川県大和市にあるパチンコ店「マリーン」の入口に並んでいた。

時刻は17時15分。定時である17時きっかりに仕事を終え、車で真っ直ぐマリーンへ辿り着いた。



「パーちゃん、入口が開いたらとりあえずダッシュだからな。」

(注:パートのパーね 実際はパではなくて別の文字)


「・・・は、はあ。ダッシュするんですか?」


正直、僕は乗り気ではなかった。

だが、ギャンブルの誘いに関しては、余程のことがない限り断らないと決めている僕は、
渋々ウエダさんの誘いに乗った。



きっかけは僕が競馬と麻雀が好きだとウエダさんに話したことだった。


「パーちゃんパチスロってやったことある?」


19歳になったばかりの僕はパチンコやパチスロに興味はあったものの、
絶対に手を出さないと決めていた。

機械相手の勝負なんて勝てる訳がない。
それに競馬や麻雀の方がおもしろいに決まっている。



「今日マリーンで新台入替があるから一緒に並ぼうよ」

「やったことなくても大丈夫だって。俺が教えてあげるから。」

「あの店の新台は熱いから絶対勝てるよ。」

(注:店にもよるが、この頃の新台入替は大体お祭り騒ぎだった。もちろん店側の大赤字)





――8台導入されるという新台「ネオプラネットXX」は、18時の時差オープンに合わせて開放される予定だという。



マリーンは会社から駅までの道すがらに位置していた為、何人かの帰宅途中の会社の人間に声を掛けられる。


「よー。ウエちゃん。新人と一緒にパチンコかい?」

「ったく、2人してなーにやってんだよ。今日は出るのか?俺も並んじゃおうかな。」



パチンコ屋に並ぶことなど初めてだった僕は、恥ずかしくて堪らなかった。

そんな僕をよそに、ウエダさんは、会社のおじさん達の軽口に対して軽快な返しを見せ、
ウキウキした表情で開店を心待ちにしている様子だった。



「それでは間もなくオープン致します!」



先頭から5番手、6番手に並んでいた僕達の後ろには7、8人の客がいただろうか。


「あれ、新台は8台って言ってたよな。」
「いちばん後ろのほうの人達は新台じゃなくて他の台を打つのかな・・・。」


そんな僕の疑問に対しての回答は、開店と同時に一瞬にして出されることとなる。



「それではオープン致しまーす!走らずにゆっくりお進み下さい!!!」



店のドアが開くや否や、全員が一斉に店内になだれ込んだ。
僕はそのあまりの勢いに立ちすくみ、次の瞬間、後ろから来た客に思い切り弾き飛ばされた。


「え???」


最初に並んでいた列などは、もはや関係なくなっていた。
僕はひとり完全に取り残された。


「え???え???」



仕方なく小走りで皆が向かった方向に行ってみると、ウエダさんは既に台の前の席に座っていた。
その右隣の席がひとつ空いている。


その席を指差して、ココ、ココ、ここ座れ、と言っているように見えた。
店内の爆音にかき消されてウエダさんの声は僕に届かない。


僕はその席に座ろうと思ったが、ふと見ると、台の下皿にタバコが入っていた。

これが何を意味するのかは、初めての僕にもなんとなく理解できた。



僕はジェスチャーで、ココにタバコ入ってますよと、ウエダさんに伝えた。


ウエダさんは、このタバコ俺の、とジェスチャーで返してきて、そのタバコをひょいと取り上げた。


ああ、なんだそういうことか。ウエダさんが僕の分の席まで取っておいてくれたのか。


ありがとうございます、と口パクで伝えつつ僕がその席に座ろうとした次の瞬間、
斜め後ろの方向から下皿に向かって別のタバコが投げ入れられた。


「え???え???え???」


あまりの非日常的な出来事の連続に、僕の頭は追いついていなかった。


ジュンバンはマモルベキでしょ。
セキはユズリアウモノでしょ。



今でこそすっかり慣れて、ベテランの風格を通り越し一周回って素人の振りすらできるようになった僕だが、
このときはまだパチンコ店という特殊な場において、生まれたばかりの赤子のような存在だった。



結局タバコの主と一悶着あったが、ウエダさんが店員を交えて話をつけてくれて、
僕は無事に新台に座れることとなった。



事前に用意しておいた大量の千円札のうちの1枚をポケットから取り出し、メダルに交換する。

シマにいる全員が、慣れた素早い手付きで黙々と台をブン回している中、
僕だけはひとり、ゆっくりとレバーを叩き始めた。



僕は集中していた。1ゲーム1ゲーム、7の図柄を揃えるべくしっかり狙ってボタンを押す。
しかし何度やっても揃わない。

数ゲーム回したところで、そんな僕を見かねてウエダさんが声を掛けてきた。


「パーちゃん、7なんて狙わなくてもいいから。あんまり時間ないからとにかく早く回したほうがいいよ。」



おいおい、ウエダさん、何を言っているんだ。




僕は以前、何かのテレビ番組でパチスロの特集をしていたのを観たことがあった。
そのときの記憶は強烈に残っている。

アイドルかなにか知らないが、きれいなお姉様方が、キャッキャ、ウフフとパチスロを打っている。
だが、何度やっても図柄は揃わない。
そこにパチプロと呼ばれる男がやってきて1ゲームでタン、タン、タン、と7図柄を揃えて見せたのだ。


僕はその番組を観たときに、大人になっても絶対にパチンコ屋に入ることはやめようと決意した

プロと呼ばれる存在がいて、素人はいくらやっても7を揃えることができない。
それが番組の印象だった。



しかし、こうして先輩に誘われて足を踏み入れてしまった以上は全力を尽くす。
素人だし負けるのは仕方ないとしても、やる以上はベストを尽くすのが男ってものだろう。



「そんなに早く回したって僕は7の図柄見えないですよ。それじゃ勝てる訳ないじゃないですか。」


「パーちゃん、毎回7狙っても揃うわけではないんだよ。まず揃えられる状況になるまで回すの。」



僕には言っている意味がわからなかった。
ただ、確かに周りを見てみると、7の図柄を毎回狙っている人間など僕以外にいなかった。


僕は半信半疑のままゆっくりと回し続けた。
早く回してたくさん負けるのが嫌だった為、とにかくゆっくりと回して時間を稼ぐ作戦にした。



「あ、パーちゃん、それもうたぶん入ってるよ。今なら7が揃うから狙ってみ。」


僕は言われた通りに7の図柄を狙ってみた。
が、揃わない。


「ちょっと押すタイミングが早い。もう少し下のほうに止めるイメージで。」


しかし、揃わない。


数回失敗したところで、ウエダさんが横からボタンを押してくれて、僕の目の前の画面に7の図柄が3つ並んだ。

これが僕の人生初めてのビッグボーナスだった。。






・・・結局この日、2人で閉店間際まで打って、ウエダさんは4万円、僕は2万円程勝った。

最後まで目押しはできなかったけど、初めてのパチスロで負けなかったことにホッとした。
勝てた喜びよりも、負けなかった安堵のほうが大きかった。



「パーちゃん、スロットおもしろいだろ!また行こうな!」


だが、ウエダさんには悪いが、このとき僕はおもしろいとはあまり思っていなかった。
やっぱり競馬や麻雀の方が断然おもしろい。


これが僕のパチスロデビュー戦だった・・・。








・・・はい。この後パチンコのデビュー戦のことも書いたんだけど、さすがに記事が長くなりすぎた。
大したオチがあるわけでもないし、あんまり引っ張るのとか嫌なんだけど、ちょっと前後編に分けます。

余計なこと書きすぎたみたい(笑)

後編はパチンコデビュー戦のあと、僕がパチスロにハマり始めるきっかけとなった日のことを書いて、
近いうちにアップします。すみません。期待せずにお待ちください。



↓北斗のほの字も出てこねーじゃねーか!!って方はポチっとお願いします。


 

コメントの投稿

非公開コメント

お初にお目にかかります

>余計なこと書きすぎたみたい(笑)
いえ、ちょうど良いです。
最高に面白い!

「この文章・・・金のニオイがするぜ!」

キタキタキター♪───O(≧∇≦)O────♪

おっさん、、、やっとキタね。笑

隣で座ってた人がタバコ取る→下皿空いてる→誰の台でもない→タバコ投げる→タバコ取ったはずの隣とその連れに絡まれトラブる。。。うん、確かにマナーは悪いかもしれないが、自分それやってしまう可能性大。…あん時は悪かったな!笑

おっさんの記事読んでて面白いから、むしろ長い文章書いてほしい。笑
楽しみにしてる奴がここに居るぜ!!

初打ちはネオプラでしたか~

懐かしいですね~自分は十ごにょごにょ歳の時にサンダーVが初打ちですw初打ちん時は自分も目押し全然出来ませんでした~当時の台はリール速度が速くて、絵柄も小さめやったんで目押し出来るようになるまでけっこー時間がかかったのを覚えています。。(;・`д・´)

No title

ひと昔前の台取り合戦は怖かったです。
相手が異性、高齢であろうと容赦なし(;・∀・)

ネオプラは思い入れのある機種ですね♪
エルビジョンが画期的で、衝撃的でした(*´ω`*)

No title

こんにちは、私も7が揃えられずにおたおたしてたら隣のお兄さんが
揃えてくれた事がありました。やはりギャンブル場へはミニスカートで行くに限るなと
当時は思ったものです(笑

新しいエヴァ台がまたリリースされました。。
リーチがみたいだけなので早くゲーセンに置かれるようにならないかな(笑

続きを楽しみにしています!
人の黒歴史は面白いw

marysbutlerさん
はじめまして。
こんなゲロ以下の文章をお褒め頂きありがとうございます!


・・・って、合ってる?ジョジョでOKですよね??

僕、世代は合ってるんですけど、実はジョジョ読んだことないんですよねぇ(汗)
ドラゴンボールとスラムダンクと幽遊白書なら得意です(^^)v

又蔵さん
お待たせ致しました!!!(笑)

この台争いは微妙なところですよね。タバコ取った瞬間は確かに空台ですからね。
ただ後ろの人間は僕とウエダさんのやり取りを確実に見てたはずなので、
マナー的にはちょっと・・・って感じですよね。ただ、ノロノロしてた僕も文句は言えないかなぁ。

このときは確か、入口に並んでいたときに僕の方が先だったってことで、
店員が収めてくれたんだと思います。ちなみに僕を弾き飛ばしたのはこいつじゃないかと思ってます。
又蔵さん、念のためこの時期通ってたホールの名前教えて頂けますか?(笑)

今回は中途半端に終わっちゃったし、つまんないかなぁって思ってたので、
面白いって言ってもらえると、ほんとにホッとするし、嬉しいです。
もっと長い文章書いちゃおうかな(笑)

ひとりでも楽しみにしてくれている方がいると思うと、モチベーションかなり上がります!
いつもありがとうございます。

れすぽ~るさん
イメージ的になんとなく、れすぽ~るさんは最初から目押しうまかった気がしていたので
なんか意外です(笑)

え!?リールの速度って変わったんですか??全然知らなかった(汗)
絵柄は確かに昔の方が小さくて見づらかった気がする!

でも目押しできるようになったときって、すごい嬉しくなかったですか?
次の記事でちょこっと書く予定ですが、最初の頃って自力でやってやった感が堪らなく嬉しいんですよね~!(^^)v

くま子さん
昔はすごかったですよねぇ。イベントのときは体当たりとか当たり前でしたからね(笑)
最近はホールの雰囲気も随分良くなったなぁ・・・。(遠い目)

おー!やっぱりネオプラ知ってますか!?なんか嬉しい(^^)v
・・・っていっても僕は打ったのこのときだけなので、実はそこまで思い入れないんですけどね(笑)

僕はこれ以降は、液晶のついてる台ばっかり打っていくことになるんですけど、
後から振り返るとあのエルビジョン、なんか味があって好きでした!

Ryokoさん
さすがです!
なぜかギャンブルする人間は大体きれいな女性には優しいですからね(笑)

エヴァはパチンコもパチスロも面白いですよねー!
でも続編が出すぎてて、どの台がいつ出たかとか全然わからなくなってきました(笑)

今回はそこまで黒い歴史ではないので、期待に応えられるかわかりませんが、
近いうちに書きますね!(笑)
楽しんで頂きありがとうございます!
プロフィール

パートのおっさん

Author:パートのおっさん
 
職業:パート
性別:おっさん

初めての方でギャンブラーまたは
トレーダーの方は コチラ

 【生涯ギャンブル戦績 (概算) 】
競馬 : -200万 男の単勝一点
麻雀 : -100万 場代
カジノ : -50万 地下・韓国・ベガス
株式取引:-50万 リーマンショック!
競艇 :  -2万 初心者
パチンコ : ±0 ほんとか?
競輪 : +200円 勝ち逃げ
パチスロ:+700万 天井狙い
FX  :  +2億 (予定)

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
おっさんブログの現在の順位は?





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

FX取引高世界第1位

FXなら
検索フォーム
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。