スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてパチンコとパチスロを打ったときの話 ―後編―

今日はFXのトレードであっという間に3連敗。
3連敗したらその日のトレードは終わりというおっさんルールにより、早くも本日の相場から退場処分。


仕方ないから昨日の記事の続きを書いていく。
あらすじ書いたり、リンク貼ったりしないけど、まあいいよね。

できれば前回の記事から読んでほしいけど、長いし無理にとは言いません。

では、早速書いていこう。







しばらくして、僕はまたウエダさんに誘われパチンコ屋に行くことになった。


今度はマリーンではなく別の店だった。
会社帰りに車で連れて行ってもらった店の名前は覚えていない。


この日はウエダさんの他に、2人の先輩も一緒で、4人でパチンコ屋に行った。


1人は僕と出身校が同じでよく可愛がってもらった、経理課なのにチンピラのような容姿をした先輩。
もう1人は僕とウエダさんと同じ課で、僕といちばん歳が近かった、美人で巨乳の先輩。


ウエダさんと巨乳と僕はパチンコを打った。

チンピラはスロットコーナーでミリオンゴッドという何だかすごい荒いと言われている台を打つらしく、
鼻息を荒げて僕たちの元から去っていった。



おそらく、この日が僕のパチンコデビュー戦だと思われる

というのも、パチンコを打ったときの記憶がほとんどなく、デビューがいつだったかハッキリしないのである。


小学生のときに親戚のおじさんに連れられてパチンコ屋に行って、一緒に千円打ったところで追い出された
という経験はあるのだが、それを除けば、たぶんこれが初めてのパチンコだったと思う。



結果は確かウエダさん2万円勝ち、巨乳はトントン、僕が2万円負けといった感じだった。
何の台を打ったかなど、全く覚えていない。


パチンコ好きの方には申し訳ないのだが、このときの僕は
ハンドルを握ってボケーっと当たりを待つだけという遊びに全く魅力を感じなかった。

(注:勝ち方を知ってからは、パチスロ程ではないけどそこそこ好き。)




一方、スロットを打っていたチンピラはというと、GODというすごい役を2回引いたらしく、
ものすごい枚数のメダルを台の上と席の後ろに積んでいた。


僕が「すごいですね!」と言うと、僕が負けたのをどちらかから聞いて知っていたのか、

「ウエダと巨乳には内緒な!」と2万円のお小遣いをくれた。



僕はチンピラに内緒でその2万円でパチスロを打った。あっさり負けた・・・。






次にパチンコ屋に足を踏み入れたのはそれから数週間が経ってからだった。
今度は会社の同期の連中と一緒に行った。

やはり僕はあまり乗り気ではなかったのだが、ギャンブルの誘いは断れない


同期の連中はパチンコを打つと言うが、僕はパチンコはつまらないからパチスロを打つことにした。


先輩達に2回連れて行ってもらったおかげで、大体のルールは理解できた。


僕はなんとなく馴染みがあったという理由で、ルパン三世の絵が書いてあった台に座った。
不二子2という名前の機種のようだった。


液晶のついている台を打つのはこれが初めてだった。

適当に回し始めると、程なくして液晶にボーナス確定の文字が出る。


今日はウエダさんはいない。店員や同期の連中に頼むのは恥ずかしいし、格好悪い。
自らの力で揃えるしかなかった。


僕は慎重に7図柄を狙った。
前に打った台よりは7図柄は見やすいように思えた。




タン。

第1リールに7が止まる。

タン。

第2リールにも7が止まりテンパイ。

最後は少し力が入った。

ドッ。


「ウヒョー。」 「待てールパーン!」 「SUPER BIG!!!」


「ダダッ、ダダッ♪ダダッ、ダダッ♪ダダッ、ダダッ、ルパンザサー♪♪」

(拙い表現で申し訳ない。あの例のイントロをイメージして頂きたい。これ表現難しいな・・・。)



僕は初めて自分の力で7図柄を揃えた。
それを祝福するかのようにあの名曲のイントロが流れ始める。


次々と下皿に払い出されるメダル。
リズム良く流れるルパン三世のテーマ。


タッタラッター♪ターターター♪タッタラッター♪ターターター♪タラララー♪ラーラーラーラー♪
タララー♪ラーラーラー♪

(↑真っ赤なー薔薇はーのやつね)





うわ。何これ・・・。


僕は生まれて初めての快感を味わっていた。




そう、このときこそが僕がパチスロにハマり出すきっかけとなった瞬間だった。







結局この日、金額は覚えていないが、1万円程度は勝ったと思う。
もちろんその後の同期との飲み会で全部消えた。


だが、勝ったお金などはどうでも良かった。
僕は初めて自分で7を揃え、自分の力で勝利をもぎ取った。



――パチスロって楽しい。






幼い頃から何事においてもそうだった。
何でも自分でやらないと気が済まない。

何かできないことがあって、そのとき親に手を出されるのを極度に嫌った。


「自分でできる!!!」


正直かわいくない子だったと思う。


だが、それこそが僕の原点。

何事も、人にやってもらっては意味がないし、おもしろくもなんともない。


自分で考え、自分で予想し、自分の信じた馬に賭ける。
その結果、勝っても負けても競馬は楽しかった。

自分で牌を持ってきて、自分で打牌を選択し、自分の力でアガリをもぎ取る。
だから麻雀は楽しいのだ。


パチスロもそうだった。

初めて自分で7を揃えたその瞬間、ボーナスと共に、
僕がこの先ずっとパチスロにハマっていくであろうことも確定した。











・・・あれから10年以上の歳月が流れた。

(一気に飛んだけど、いつものごとく別記事にて書く予定だからね!物は投げないで!)



まさか、(短い間ではあったが)パチスロで食っていく未来が待ち受けているとは・・・、

まさか、決して少なくない額の借金をパチスロで返済していくことになるとは・・・、

まさか、結婚資金をパチスロで稼ぐことになるとは・・・、


あのときの僕は思ってもいなかった・・・。




夢への道をようやく進み始めた今は、パチスロにかける時間は少なくなってしまったけど、
今後もずっと大切な趣味のひとつであり続けることは間違いないだろう。








思えば幼い頃から人の台より設定は良くなかったのかもしれない。


会社を辞めてからは、追い銭に次ぐ追い銭。幾度となく苦しい思いをしてきた。


20代後半、負けたら終わり、なけなしの最後の千円で踏ん張った。


30を過ぎ、なんとか盛り返して下皿プレイ中だろうか。


これだけ耐えて回してきたんだ。そろそろ来るだろ。


フリーズ。ブラックアウト。逆回転。


逆転を信じ、歯を食いしばって生きてきた僕に、その一瞬の静寂のときが訪れることを夢見て・・・。



おっさんの人生のリールは今日もゆっくりと回り続ける。








・・・はい。最後よくわからない締め方をしたところで、おっさんのパチ&スロデビュー戦の話は終わりです。

結局、北斗の話なんて全然書いてねーじゃねーか!(笑)

次回の歴史記事の際は今度こそ書く予定なので、楽しみにして頂いている少数の方々はもう少しお待ち下さい。
(信頼度60%)

以上、長々と読んで頂きありがとうございました。



↓北斗はいいから巨乳の詳細!って方はポチっとお願いします。


 
スポンサーサイト
プロフィール

パートのおっさん

Author:パートのおっさん
 
職業:パート
性別:おっさん

初めての方でギャンブラーまたは
トレーダーの方は コチラ

 【生涯ギャンブル戦績 (概算) 】
競馬 : -200万 男の単勝一点
麻雀 : -100万 場代
カジノ : -50万 地下・韓国・ベガス
株式取引:-50万 リーマンショック!
競艇 :  -2万 初心者
パチンコ : ±0 ほんとか?
競輪 : +200円 勝ち逃げ
パチスロ:+700万 天井狙い
FX  :  +2億 (予定)

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログランキング
おっさんブログの現在の順位は?





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

FX取引高世界第1位

とくとくBB WiMAX2+
検索フォーム
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。