スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの歴史 PART⑤

だいぶ間が空いちゃったけど、今日は一旦締めたおっさんの歴史の続きをひっそりと綴る。

前回の記事はこれ おっさんの歴史 PART④

あらすじ

借金で株式投資を始めたおっさんは、2年に及ぶ戦いで50万の負債を背負う。徐々に負債を増やし、
ゆっくりとどん底に向かって落ちていったおっさんは、韓国のカジノに一発勝負を挑み惨敗。
200万までに膨らんだ負債を完済すべく、ついに最終手段であるFXデビューを果たすのであった。



聡明な読者の方々はお気づきだと思いますが、この直後の話こそがおっさんのブログデビュー作。

これ 始動

FXをやったことない方にはわかりづらい記事かもしれませんが、
せっかく数十年に一度の歴史的なビッグチャンスに立ち向かったのに、
そのチャンスをビビって逃したっていう話です。

ちなみに、タラレバになってしまって申し訳ないけど、この当時80円以下で持っていたドル/円、
たった10枚でも今まで保有していたとすると、400万円以上のプラスになります。(2015年5月現在約120円)


投資は余裕資金でという言葉の意味がおわかりになるかと思います(笑)


今日書いていくのはその後の4年間のお話。

ほんとは前回のPART④で格好つけた終わり方をして最初の記事にビシっと繋げたから、
それで終わりにしようと思ってたんだけど、まだ肝心の現在パートをしてる理由とかを書いてなかった。

一応今回はサクサクと進めていこうと思ってるけど、例によって長くなるかもしれないし
たいした話でもないので、お暇なときにでもどうぞ。





借金返済時代

任天堂の株に引き続き、FXでも大チャンスを逃した僕は自信を無くしていた。
そして、残された200万円の借金の重さに今にも押し潰される寸前だった。


まだ借入限度額までは200万の余裕がある。もう一発勝負して勝てばいいじゃないか。
そんな悪魔の囁きすらも聞こえてこなくなるほどに僕は精神的に参っていた。


初めて株を売買したあのときから、借金という名の魔物との共同生活は3年半に及んでいた。



だが、そんな人生のどん底にいた僕を救ってくれたのはやはりギャンブルだった。
いや、救われたのではない。僕は自らの力で、果てしなく深く暗い底から這い上がったのだ。


原動力となったのは負け戦の中で得た微かな自信と、持ち前の負けん気の強さだった。


僕が相場で勝てなかった原因は資金力の乏しさ。
資金さえあれば勝てる。

僕は自分にそう暗示を掛け、資金を貯めて必ず相場でリベンジすると心に決め、
しばしの休息のあと、行動を開始した。



派遣社員として働き始めて4年以上経っていたが、僕の給料は上がっていなかった。
仕事の勉強など一切せず、相場の勉強だけしていたのだ。当然といえば当然だろう。

毎月の手取りの額は20万と少し。家賃や水道光熱費、携帯代などを払ったら10万も残らない。
男の1人暮らしである。自炊などほぼ出来ない。そこから食費を引いたら残るお金はほとんどなかった。


支出を減らすのは無理。ならば収入を増やすしかない。
そのときの僕に選択肢は一つしかなかった。

パチスロである。


当時のメインの台は秘宝伝 -封じられた女神- やモンキーターン、天下布武2など。
前年に出た、新鬼武者、緑ドン -VIVA!情熱南米編- などもまだまだ現役で活躍していた。

この少し前、交響詩篇エウレカセブンが出た辺り以降、ホールのスロットコーナーも
5号機直後のお通夜のような状況から、徐々に活気を取り戻していったように思う。


個人的な見解だが人気復活を決定づけたのは、ミリオンゴッド -神々の系譜- の登場だと思う。
神は僕を見捨ててはいなかった。


僕はパチスロ天井狙い全盛時代の流れに乗り、存分に稼いだ。

当初、1年以内の借金返済を目標としていた僕だったが、
1年が経ったとき、手元には50万の現金が残っていた。


ただ、満足はしていない。あの時代はもっと稼げる時代だった。
半年と少しで借金を返済して以降、急激にペースが落ちてしまった。


そして、僕は大きな失敗を犯す。

かねてから辞め時を探っていたIT系の会社をこの時点で辞めたのだ。
今振り返ると、もう少しお金を貯めてから辞めるべきだったと思う。


ひとまず借金を返済し終え、ある程度の蓄えが出来たところで、気が緩んだのかもしれない。
あのときの僕はとにかく疲弊しきっていた・・・。




パートのおっさん誕生

当時、10年近く付き合っていた彼女がいた。

関係を一言で表すならば陰と陽。
無論、僕が闇で彼女が光だ。

友人の紹介で付き合い始めた当初はこんなに長く関係が続くとは思っていなかった。
彼女には、僕が最初の会社を辞めたときから苦労を掛けっ放しである。

彼女はどんなときでもその持ち前の太陽のような明るさで僕を照らし続けてくれた。
どん底にいた僕が何とか上を向いて這い上がってこれたのは、その光を頼りにできたからだろう。




――仕事を辞めた僕は迷っていた。

彼女を幸せにしてあげたいが、僕にはやりたいことがある。
いや、何としてでもやり遂げなければならないことがある。

自分の居場所が見つからなかった以前とは違い、相場で勝つという明確な目標を持った僕だったが、
気が付けば29歳になっていた。


もしここで一歩足を進めてしまったら後戻りは難しくなる。
僕にはその覚悟があるが、彼女は・・・。


心の中で葛藤を続けながら僕は新しい職を探していた。
しかし、そんな気持ちで仕事など見つかるわけもない。

それなら思い切って飲食店でも開いてみるか。鉄板焼き屋などおもしろそうだ。
僕は自分の気持ちに嘘を付きながら、今後の自分の可能性を模索した。


そんなとき、某企業でOLをしている彼女が放った言葉で僕は救われることとなる。



やりたいことがあるんでしょ。挑戦してみればいいじゃない。
生活費なんて私が稼げばいいんだから。



この言葉を口にするには相当な覚悟を必要としただろう。それとも何も考えていないのか。
太陽の気持ちは僕にはわからない。


だが、僕はこの言葉で彼女と結婚することを決め、トレーダーの道へ一歩踏み出す勇気を得た。


(余談だが、こうやって書くと、だらしない男にしっかり者の彼女なんて思われそうだが、本来は逆だ。
 3つ年下の彼女は普段は僕よりも余程甘えたがりでだらしない。)



就職活動により貯金をほとんど使い果たしていた僕は、なんとか結婚資金をパチスロで稼ぎ、
(俗にいう秘宝伝(太陽)バブルに乗った。その前のキン肉マンもよかった。)
半年後、僕たちは付き合い始めて10年目の年に、晴れて結婚。


ここにパートのおっさんが誕生した。



新婚旅行で訪れたラスベガスのカジノで負けたり、その直後に嫁が病気で入院したりと、
思うように貯金は増えなかったが、パートをしながらここでもパチスロにお世話になりつつ、


結婚から約2年が経った2015年4月。
ついに投資資金300万を用意し、僕はFXで億万長者を目指すという夢のスタートラインに立った。


嫁の給料だけではやや生活費が足りないため、現状は僕が昼間パートをして生活費を補い、
夕方からFXという生活を送っている。


周りからはバカな男だと笑われるかもしれない。
奥さんがかわいそうだ、などと言われ、蔑んだ目で見られるかもしれない。


だが、僕は必ずこの世界で成功する。


このブログを読んで頂いている皆様方においては、
是非とも近い将来、僕が億万長者になった際の証人になって頂ければ幸いだ。







・・・はい。今度こそおっさんの歴史シリーズはこれで終わりです。

ただ今後もこのおっさんの歴史カテゴリの記事はちょこちょこ書いて行く予定なので、
たまに覗いて頂いて、興味がある記事だけでも構わないので読んでもらえると嬉しいです。

以上、くだらないおっさんの歴史にお付き合い頂きありがとうございました!



↓で、結局今はただのヒモなんでしょ?って方はポチっとお願いします。

スポンサーサイト
プロフィール

パートのおっさん

Author:パートのおっさん
 
職業:パート
性別:おっさん

初めての方でギャンブラーまたは
トレーダーの方は コチラ

 【生涯ギャンブル戦績 (概算) 】
競馬 : -200万 男の単勝一点
麻雀 : -100万 場代
カジノ : -50万 地下・韓国・ベガス
株式取引:-50万 リーマンショック!
競艇 :  -2万 初心者
パチンコ : ±0 ほんとか?
競輪 : +200円 勝ち逃げ
パチスロ:+700万 天井狙い
FX  :  +2億 (予定)

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログランキング
おっさんブログの現在の順位は?





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

FX取引高世界第1位

とくとくBB WiMAX2+
検索フォーム
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。